ちょっと役立つ下着のお話

ちょっと役立つ下着のお話

バストの悩みは下着で充分カバーすることができます。

* バストが大きいので目立たせたくない

実は私もこの悩みを持つ一人です。ここ数年「寄せて・上げて」のブラが主流ですが、ただでさえ大きいのに寄せたらなお目立つ。よく「散らして〜下げて〜」ってしてました、笑。

ところが本気で「散らしてつぶして」をしていると、背中にお肉が回り体型がくずれてしまうので、太って見えたりします。

バストの大きい方はコンプレックスから、とかく本来より小さいサイズを選びがちなので、散らしてしまいがちなんです。

ただ40〜50代になると脂肪が縮むため、F→E、E→Dとサイズダウンする場合が多いようです。

本来、女性の体型の美しさはバランスです。

バストにコンプレックスがあるからといってバストばかりに拘るのではなく、くびれたウェストを作る、お尻のラインをキレイにする、下腹部をひっこめる等、他の部分を補正しバランスをとることも解決策の一つです。

また、バストの位置に視線がいかないようにするために、アウターで工夫しましょう。

例えば、バストラインが出すぎるものを着ないとか、ボトムにフレアースカートやAラインのロングスカートなどをはいて、上をコンパクトにして下に視線が行くようなおしゃれをすることも効果的です。

* ブラジャーをすると肩が凝る

どちらかと言うとバストの大きい方に多い悩みです。お手持ちのブラジャーをちょっと眺めて見て下さい。

・ ひもの幅は何センチくらいありますか → 1.5センチくらいが理想です。
・ フックの留め金は何段ありますか → 2段以上をお勧めします。
・ 何年くらい使用していますか → ブラジャーの寿命は半年〜1年くらいです。

ひもの幅は細すぎると肩に食い込むので、肩こりの原因になります。フックの留め金、つまりブラジャーの幅を意味するのですが、細すぎるとバストの重みを支えられません。40〜50代のお肉を支えるには2段か3段の幅が必要なのです。また、下着は消耗品です。新品とつけ比べてみると一目瞭然、補正力の違いに気づかれるハズです。

とは言っても、そんなにちょくちょく買い換えていられませんから、お洗濯の時間を短くしてみて下さい。

手洗いが理想ですが、なかなか出来ませんよね。ブラジャーの汚れは汗程度ですから、ほんの2〜3分洗濯機で軽〜く洗いましょう。それだけでも消耗の程度が軽くなりますよ。

* 寝るときもブラジャーは必要?

20〜30代の方なら、まだまだ体型のくずれを食い止める効果があります。

50代以降は? 体型の崩れを食い止めるのは難しいかもしれませんが、安眠に効果があることで最近注目をあびています。

というのも50代以降は急激に脂肪の重力が増します。体重はそれほど変わっていないのに「体が重くなった」と感じませんか?それはお肉の張りが急に減少し重力が増したためです。

さらに、バストの大きい方でしたらバストの重さは片方1.5キロ、両方で3キロと言われていますから、寝返りを打つ時も3キロの錘(おもり)が一緒に動くわけです。

寝ているときも錘を支えてやる柔らかいブラジャーをすれば、体に負担がかからず寝返りを打つ時もラクでしょう。

【ナイトアップブラ】バストを適正な位置で安定させてくれて、ここちよい眠りに誘います♪

Copyright(c) 2013 永遠のアラウンドフィフティ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com