ちょっと役立つ下着のお話

ちょっと役立つ下着のお話

自分では見えないけど実は目立っている・・お尻の補正も大事です。

* お尻が下がっているのが気になる

自分では見えないのであまり気にならない場所ですが、他人にはバッチリ見えています。ジーンズの時にはてきめん、年齢が出る場所の一つです。

お尻の位置が下がっているということは、つまり足が短く見えているということです。

ジーンズやストレートなパンツを履く時は、必ず「お尻のブラジャー」→ロングガードルが必須です。

必ずお尻の山のある立体的な裁断をしているものを選び、お尻につながっている太ももの部分から入れ込んで下さい。ポイントはお尻の下のタプタプした部分。下着業界では「もう一つのお尻」と呼んでいる部分をなくすことが、足が長くみえるコツです。

実は、意外と間違って知られているのが、ガードルのサイズ選びです。

ガードルサイズはお尻に合わせるが鉄則です。ヒップが大きい方だと多少ウエストにゆとりが出たりしますが、良いのです。ロングガードルは「お尻のブラジャー」なのですから。

ウエストサイズであわせた結果、お尻をつぶし、もう一つのお尻を自ら作っている方が意外と多いのです。

* お腹が出ているのでひっこめたい

女性の多くがこの悩みを抱えています。なぜお腹にお肉がつくのでしょう。
実は「お腹が出ている」のには大きくわけて2通りのパターンがあります。

【胃の上が出ている】
胃下垂の方に多いパターンです。お店に行くとボディースーツを勧められるかもしれません。ただし胃の部分に抑えるネットが張ってあるものでなければ効果はありません。

しかし、私はあまりおすすめしません。なぜなら「胃を圧迫することは苦しいこと」だからです。

ではどう解決しましょう?胃が出ているのを目立たなくすればよいのですから、バストを高くして胃が引っ込んだように見せてあげればよいのです。嘘のようなホントの話ですが、ちょっとした目の錯覚です。

これで胃の圧迫感からは開放されるはずです。


【下腹部がぽっこり出ている】
女性の80%がかかえる悩みと言われています。いろんな原因がありますが、出産も大きな原因の一つです。出産によって疲れた子宮を外敵から守るため、子宮の上の脂肪が厚みを増すと言われています。

ねっ、素敵な理由でしょ?笑。でも何とかしたいですよね。

多くの方はガードルで対処していらっしゃると思います。ロング?ショート?

お腹のためにガードルを履くのであれば、「ショートガードル」をお勧めします。ロングガードルはお尻のブラジャーですから、どちらかというとお尻と太もものため、お腹だけというのであれば下腹部にパワーネットを貼ったショートガードルが効果的です。
ただし太ももの付け根に食い込まないデザインを選んで下さいね。

Copyright(c) 2013 永遠のアラウンドフィフティ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com