ちょっと役立つ下着のお話

ちょっと役立つ下着のお話

自分にあった下着をきちんと着けて加齢によるスタイルの崩れをカバーしましょう。

* バストが小さいので大きく見せたい

一番先に皆さんが思い浮かべる解決方法は、「分厚いパッドの入ったブラを選ぶ」ではないでしょうか。

最も簡単な手段ですし種類もたくさん出回っています。

ところが、バストの小さい悩みの方の多くは「パッドに頼らないで自力で大きく見せることはできないか」と考えています。

そこで是非「ボディスーツ」をお勧めします。

「えっ、太ってないしお肉もないのになんで〜」と皆さんおっしゃいます。バストの小さい方は基本的に痩せてる方が多いのでボディースーツなど考えてみたこともないでしょうね。

しかし、「皮ばかり」という女性はいません。ましてや40代以降になれば、やわらかいお肉が必ずついているものです。

ボディースーツで下から上へ上へとお肉を集めてやることで、思った以上にバストになるお肉が集まるのです。

ここで人つ注意点があります。

ボディスーツのホック(留め金)は、股の中に隠れてはいけません。正面から見て見える位置、恥骨のあたりにあるのが正しいです。

ホックが下すぎると、「上へ上へ」どころか「下へ下へ」引っ張られ肩にも負担がかかります。「ボディースーツ着ると肩凝るの〜」という方の多くは着け方が間違っているのです。

ポイントは「(下から)上へ上へ」です。

というわけで、ボディスーツは胸の小さい方にも有効ですので、是非チャレンジして見て下さい。

もう一つ奥の手を。

ウエストニッパーをバストの下ギリギリのところで巻いてやると、ちょうどバストの受け皿のようになり、バストを高く見せることが出来、結果ボリュームがあるように見えます。

* 【小さな胸を大きく見せるブラ】とにかくボリュームアップをしたい!という方のためのブラ登場!!

* バストが左右に広がっている

日本人のバストは「八の字型」の方が多いと言われています。開きすぎていると体の幅が大きく見え、太った印象を与えがちです。この時こそ「寄せるブラ」を活用しましょう。

ただし、寄せすぎは厳禁。女性の体型の美しさはあくまでもバランスであり、どの程度寄せるかは全体のバランスを見て決めましょう。寄りすぎているバストは逆に不自然です。

また、あえて寄せるブラを使わなくても、サイズ選びに工夫することで効果的な場合があります。

例えば、C80→D75、B75→C70というように、アンダーサイズを小さくすればカップは多少寄ります。その代わり、カップの容量は深くしてあげなければいけません。是非、お試し下さい。

* 採寸てほんとに必要?

はい、採寸は大事です。「正しい採寸ならば」です。
しかし、何人の方が正しい採寸をしている(されている)でしょうか。

そもそも「バストトップを測ります」と言われたとき、私たちのバストトップはどこにありますか?本来の場所のはるか下の方でしょ?残念ながらバストだけでなくアンダーそのものもかなり下垂しているのです。

バストもアンダーも本来の正しい位置に持ち上げて採寸しないと本当のサイズは測れません。ヒップも同様です。

つまり採寸は年齢を重ねるごとに難しい作業なのです。

そもそも下着は一日中身に着けているものですから、着け心地も大事な要素です。自分のサイズを知り、着け心地、デザインの好み等を総合して選ぶものと私は考えています。

アラフィフ世代の下着選びは採寸だけに頼れないのです。
 
Copyright(c) 2013 永遠のアラウンドフィフティ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com